| Japanese | English |
 


ひがし茶屋街の歴史

艶めいた茶屋が軒を連ねるひがし茶屋街。石畳の大通りのなかほどに、懐華樓はあります。ひがしの町割りが成立したのは1820年。今も往時の面影が色濃く残り、文化庁の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。格子越しの灯りと三味線の音も風流な夕暮れ時に、最もその趣を感じることができます。


最も大きな茶屋建築

築200 年の懐華樓は金沢で一番大きな茶屋建築で、市の指定保存建造物です。藩政期、町家は平屋に限られていたことから、二階建ての建物が並ぶ風景は茶屋街独特のもの。光を取り込みつつ外からの視線を遮る「木虫籠(キムスコ)」と呼ばれる格子が、街並みに奥ゆかしさを添えます。


粋な設えと豪華な装飾

懐華樓では貴重な茶屋建築の設えを公開しており、ミシュランの旅行ガイドでも高く評価されています。鮮やかな朱塗りの階段をはじめ、豪華絢爛な客間、茶室など―。洗練された室内装飾と調度品に、金沢らしい茶屋文化の美意識を感じることができます。


見学ガイド

懐華樓ではスタッフによる1日7回の館内見学ガイドを行っております。(約10分)
開始時間 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00